中高生に多いSNSで巻き込まれるトラブルについて

スマホゲームについて

著作権のある動画のダウンロードの危険性

動画や音楽にはそれぞれ著作権と言うのが付いていますし、知りながら違法ダウンロードするのは犯罪行為にあたります。
その為、うっかりと違法ダウンロードをしてしまう事により、著作権侵害となり大きなトラブルに巻き込まれてしまう危険性があるのです。
特に、中高生では著作権についてそんなに深く考えていない子が多いように思います。

なので、簡単に著作権法に触れてしまい処罰の対象となってしまうのです。
情報の共有として中でも動画に関しては情報配信の手軽さも重なっているような気がします。
手軽に色んな人とのコミュニケーションツールとして動画は利用する事が増えている現代では、わざわざ著作権付きの動画の違法ダウンロードの危険性について詳しく教えてくれる学校は少ないと思います。

犯罪行為を簡単にしてしまう事について

違法ダウンロードの怖さと言うのは特に中高生だとそんなに考えていないと思うのです。
沢山の人から注目を集めたいとして過激な動画をダウンロードしたり、または自分から配信してしまう事は罪に値しないと考えている中高生だけではなく、大人も多いような気がします。
今の時代ではネットを通じた友人との繋がりを強く求める子供が多いです。

ですが、ネット上の友人と言うのは本当の意味でも友人と言えるのでしょうか?
周りから犯罪行為に手を染めるように促す事も今ではSNSであれば簡単に出来てしまうのではないかと思います。
犯罪行為を簡単に行ってしまう怖さについて、深く認識しておらずに友人に嫌われたくないSNSでの繋がりを強く求めすぎている為に子供達のネットに対する意識自体が薄いと言えるのではないかと考えます。


TOPへ戻る